読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

「私は存在する」この命題を否定することはできない

「私は存在する」この命題を否定することはできない。

否定するには3つの要素が必要である。

否定する対象、否定する主体である自己、否定そのものである。

否定しようとするとき、否定する主体である自己は存在していなければならない。

もしも、否定対象として自己の存在を選んだら、

自己は存在しないと主張することとなり、

主体として存在しなければならぬ自己が存在しないという矛盾に落ちてしまう。

ゆえに自己は存在する。

「私は存在する」この命題を否定することはできない。

意志の自由が発揮される思考の中でただ一つ不可能であること、

それは、自己の存在を否定することである。

 

ここでいう自己は思考における自己すなわち魂である。

目に見えない魂は目に見えない性質を保持し続ける。

目に見えない性質は変化しない。

ゆえに魂は不変である。

肉体が死ぬとき、自己は存在する。魂は存在する。

肉体が生まれるとき、自己は存在する。魂は存在する。

常に自己は存在する。常に魂は存在する。

ゆえに前世が存在する。過去生が存在する。未来世が存在する。

人は輪廻転生を繰り返している。

前世記憶は存在する。

前世療法は存在する。

あの世は存在する。

死後の世界は存在する。

幽体離脱は存在する。

 

見たところ私は物体である。私の魂は目に見えない。

私は肉体と魂である。

見たところ宇宙は物体である。宇宙の魂は目に見えない。

宇宙は肉体と魂である。

宇宙の魂を唯一の神と定義する。

唯一の神は存在する。

私の魂は唯一の神の一部である。

私の魂は唯一の神と一体である。

私の魂は唯一の神の分霊である。

私の魂は唯一の神の似姿である。

私の魂は唯一の神と共同創造する。

私の魂は唯一の神の子である。

唯一の神は思考により創造する。

唯一の神の子は思考により創造する。

ゆえに思考は現実化する。

 

私の魂は唯一の神と一体である。

何物よりも私の魂の近くに唯一の神が存在する。

ゆえに私の魂と唯一の神とは親密に語り合うことができる。

私の魂と唯一の神は肉体よりももっと近くに親密に存在している。

すべてが神で出来ているのであり、神は愛であり、光である。

私の魂は愛の子、光の子である。

ここは唯一の神と神の子が住む神の国である。愛の国である。光の国である。

神の子の思考による創造の国。幻の国である。

この世界はすべて神で出来ている。愛で出来ている。光で出来ている。

 

物質と呼んでいるものも神で出来ている。

エネルギーと呼んでいるものも神で出来ている。

全ては一つの神で出来ている。

全ては愛で出来ている。

すべては光で出来ている。

全ては一つの存在で出来ている。

全ては一つの単一体である。

分割不可能な単一体である。

神は単一体である。

 

すべては物質であるゆえに唯物論

すべては心であるゆえに唯心論。

すべては意識ゆえに唯識

 

自分で無肥料無農薬の野菜を作って食べたい

私の場合いくらお金があっても、自分で無肥料無農薬の野菜を作って食べたいのだ。

お店で買ってきた野菜が無農薬で作られたものかどうかが気になるからである。

結局自分で作って食料を自給自足したいのである。

田舎に住めば食べ物は自分で供給できるし、衣服は作業服くらいしかいらないし、

田舎には大きな家があるし住むのにお金がかからないしで

衣食住にお金をかけなくても済むのである。

都会にいたときは住宅ローンが大きかった。

車の燃料と経費が大きかった。

家と車に苦しめられていた。

食費もかかるのに売られている野菜にかけられている農薬の多い少ないも見えなかった。

 

田舎でも軽トラは絶対必要だけど。

100万円ぐらいかな。

それで、海外旅行したいとあまり思わなかったのかもしれない。

 

無肥料無農薬で野菜を作れば地球環境を守ることになる。

子孫繁栄する。地下水を守れる。

一石三鳥である。

レイチェルカーソンの沈黙の春

有吉佐和子の複合汚染がずっと気になっていた。 

 

沈黙の春 (新潮文庫)

沈黙の春 (新潮文庫)

 

 

複合汚染 (新潮文庫)

複合汚染 (新潮文庫)

 

 

地球を傷つけない生活をしたいと思っていた。

太陽光でお風呂の湯を沸かし、

たきぎでお風呂をわかし、ご飯を炊きたいと思っていた。

都会ではどうしても電気ガスになってしまうし、薪もない。

やはり山がいいのである。

飲める水のある山がいい。

お風呂もわかせる山がいい。

家も自分の手で作りたい。

太陽熱のお風呂の湯沸かし器は買うほうが良いかも知れないと思う。

できるだけ自分で作りたい。のでミツバチの箱を作ることができた。

 

 

我が家にミツバチがやって来た―ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道

我が家にミツバチがやって来た―ゼロから始めるニホンミツバチ養蜂家への道

 

 

お金に変えられないものというものがある。

地球を守ること。子孫繁栄すること。自分が健康に生きること。

健康な野菜を食べること。

無肥料無農薬野菜を作り、それを食べていれば健康になれる。

自給自足できる。 

 

おいしいもの食べたい健康になるものよいものを食べたい。

衣服も家もそんなに高いものでなくても私は気にならない方である。

やはり田舎に住むがいい。

私の望むものがそこにあるから。

10アールくらいの畑があればひと家族が一年間食べていける量の野菜を作れると思う。コメまで作れるなら充分と思う。自給自足できると嬉しい。余分に作れたら近くの人に上げるか道の駅に持って行って売るかできる。お金の足しにできる。

 

解決策はいつも問題の中に潜んでいる

無人島で残りの生涯を過ごすことになった場合、きみならどちらの女性を伴侶に選ぶかな?

 

クビ男―IT業界でリストラされた男を成功に導いた11の法則

クビ男―IT業界でリストラされた男を成功に導いた11の法則

 

 

好きな仕事とは?

明日、銀行に100万ドル入るとしたらまだその仕事を続けるだろうか?

答えがノーなら、ほんとうはその仕事が好きではないということじゃ。

 

新装版 成功の掟

新装版 成功の掟

 

 この本には魂が不滅であるとも述べてある。

思考が現実化することも述べてある。

柿酢

 

自給農業の始め方という本を読み柿酢を作った。

農家が教える自給農業のはじめ方―自然卵・イネ・ムギ・野菜・果樹・農産加工

農家が教える自給農業のはじめ方―自然卵・イネ・ムギ・野菜・果樹・農産加工

 

柿が熟れたらガラス瓶かブリキ缶に入れて1年置く。

半年経ったので取り出して焼酎瓶に入れてみた。

食酢として使った。大根の酢の物がおいしかった。

 

柿の手入れ

今日は柿の下草を刈り取った。

柿の木から50cm位離れたところを

耕運機で深さ5cm耕運した。

草取りだけが目的だった。

草が栄養分を吸い取るからだという。

呼吸の仕方

息を吸い込む時は口からでも鼻からでもよい。

息を吸い込んだら、鼻からゆっくりと息を出してゆく。

最後は腹筋を使って強引に息をすべて出す。おなかがぺちゃんこになる。

息を出し切ったら、息を吸う。早く吸っても良いし、適当で良い。

息を吐き出すときにゆっくりと吐き出すことが大切である。

このゆっくり吐き出す呼吸の仕方は体調を整えるのに効果がある。

この呼吸の仕方は、寝ても正座しててもよい。背筋は伸びている方がやりやすいであろう。

長くゆっくりした呼吸で免疫力は上昇し、健康になる。