読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

栗植えた

栗植えた 竹を刺して立てて栗の木をひもで固定した。 根を開き、近くの土をスコップで載せて山を作り植えた。 藁で周りを囲み保護した。3月4日

木の植え方をまとめよう

木の植え方をまとめよう 植える位置に深さ10cmちょっけい20cmの穴を掘る 穴の中央に直径1cm長さ150cmの竹を立てる。 植える木を竹に沿って立てて、木の根を十分に広げる。 麻ひもで木を竹に2か所で固定する。 木に藁を播く。 藁を3本くら…

思考の物質化

密度が臨界値を超えると物質化する。 思考が重ね合わさり繰り返し思考し続けると 固定したイメージが安定して保持される。 形成されるイメージそのままの物質化が起こる。 思考の世界では思考した瞬間に実現しているが、3次元世界では、 思考を繰り返し密度…

ジャガイモ超浅植え

じゃがいもで黒マルチで土寄せしない方法があるという。 これも試したい。 ジャガイモ超浅植え(じゃがいもちょうあさうえ) 福井市の三上貞子さんが考案した、ジャガイモの超小力栽培法。 種イモがかろうじて埋まる程度に浅く植え付け(頂芽は下向き)、黒…

さつまいもが好きである

さつまいもが好きである。去年100株植えたけど少なかった。 株間30cmで30m植えた訳でもう少し200株くらいが適量であると思った。 ひと株に3本くらいしかなかった。無肥料栽培でやった。 さつまいもの天ぷらが好きである。 天ぷら油も自給した…

ブログの喜びは井戸端会議の喜びと同じではないか

ブログの喜びは井戸端会議の喜びと同じではないか 「ねえ何かいいことない」 と話を聞きに来る人情による。 いい話を聞きたいとみな思うのである。 いつ来ても楽しいと思うならそこは天国になるね。

「私は存在する」この命題を否定することはできない

「私は存在する」この命題を否定することはできない。 否定するには3つの要素が必要である。 否定する対象、否定する主体である自己、否定そのものである。 否定しようとするとき、否定する主体である自己は存在していなければならない。 もしも、否定対象…

自分で無肥料無農薬の野菜を作って食べたい

私の場合いくらお金があっても、自分で無肥料無農薬の野菜を作って食べたいのだ。 お店で買ってきた野菜が無農薬で作られたものかどうかが気になるからである。 結局自分で作って食料を自給自足したいのである。 田舎に住めば食べ物は自分で供給できるし、衣…

解決策はいつも問題の中に潜んでいる

無人島で残りの生涯を過ごすことになった場合、きみならどちらの女性を伴侶に選ぶかな? クビ男―IT業界でリストラされた男を成功に導いた11の法則 作者: マーク・フィッシャー,藤井留美 出版社/メーカー: アスコム 発売日: 2005/12 メディア: 単行本 クリッ…

好きな仕事とは?

明日、銀行に100万ドル入るとしたらまだその仕事を続けるだろうか? 答えがノーなら、ほんとうはその仕事が好きではないということじゃ。 新装版 成功の掟 作者: マーク・フィッシャー,近藤純夫,上牧弥生 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセン…

柿酢

自給農業の始め方という本を読み柿酢を作った。 農家が教える自給農業のはじめ方―自然卵・イネ・ムギ・野菜・果樹・農産加工 作者: 中島正 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会 発売日: 2007/10 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 22回 この商品を含むブ…

柿の手入れ

今日は柿の下草を刈り取った。 柿の木から50cm位離れたところを 耕運機で深さ5cm耕運した。 草取りだけが目的だった。 草が栄養分を吸い取るからだという。

呼吸の仕方

息を吸い込む時は口からでも鼻からでもよい。 息を吸い込んだら、鼻からゆっくりと息を出してゆく。 最後は腹筋を使って強引に息をすべて出す。おなかがぺちゃんこになる。 息を出し切ったら、息を吸う。早く吸っても良いし、適当で良い。 息を吐き出すとき…

愛目的に思考現実化を使うと良い

真実をたどると真実になる。 正直の頭に神宿る。 正直に真実をたどってゆけば、真実に出会う。 自己は神の子、神の一部に出会う。 そして思考創造に出会う。固定観念が実現することに出会う。 思考を固定観念にできるならば、それはかなう。実現する。 思考…

神様の花

毎月の1日と15日の朝に、神様に神様の花として榊の葉を上げている。 前の日の夕方4時頃に家の山に植えてある榊の木に剪定鋏を持って行って切り取ってくる。長さ30cm位の枝を3本づつひとつの花瓶に入れる。合計9本を切って帰り、バケツの水につけて…

神の子

私は真実を追求し、神の子を見出した。 神の子とは神の子供であり神の正当な性質を受け継ぐ者である。 ゆえに神の子は健康である。 神の子は神の遺産を受け継ぐものであり豊かである。 神の子は神の豊かさを受け継ぐ。 神の子は神の技を受け継ぐ。 神の子は…

去年のピーマンの作り方

去年のことをメモしておこう。 ピーマン苗は農協から購入した。 4月20日定植である。 苦土石灰をまき、牛糞堆肥を置いた。 50mx2列 トラクタで幸運した。 耕運機で溝をつけた。 レイキで畝を綺麗な山にした。 黒マルチを張った。 竹で黒マルチを固定…

去年のニガウリのつくり方

去年のニガウリのつくり方をメモしておこう。 種苗店に3月に注文し、4月20日にニガウリの苗を受け取った。 50mx2列うねのあたりに牛糞堆肥を入れた。 オール8も入れた。 畑をトラクタで耕した。 鉄骨を組み立てて、ノリ編みを張った。 4月20日…

今年はビニルハウス

お友達からいらないからということで、ビニルハウスのビニルをもらうことができた。 去年とうもろこしを作ろうとして、種を蒔いたけどほとんど鳥に食べられてしまった。 鳥はふたばが出るとすぐ食べてしまうそうである。 今年はビニルハウスを立てて苗を作っ…

柿の手入れ

今日のメモ 1、柿に完熟牛糞堆肥20kgx10袋、柿の木の周り1mあたりにまく。 2、柿に貝殻石灰20kgx10袋まく、 3、柿にオール8化成肥料20kgx2袋、柿の木の周り1mあたりにまく。 4、柿にようりん20kgx2袋、柿の木の周り1m…

じゃがいもの作り方

じゃがいもの作り方 今日はじゃがいもを作ったのでメモしておこう。慣行栽培である。 50m畝 2列で300個の種芋 株間30cmで植える予定だった。 種芋5kg買ってきて半分づつに切って150個くらいだった。 もう5kg買ってきて、家にあったもの…

黒住宗忠の祈り方

あまてらすおおみかみさまのご開運をお祈りする。 黒住宗忠の祈り方である。

正月のお花

今年の正月にあげたお花である。

栗の木に虫が来ていた。

12月15日のこと 栗の木に虫が来ていた。 竹酢液100倍に水で薄めて虫にかけて手で払い落とした。

トマトの寝かせ植え

現代農業平成24年4月号トマトの寝かせ植え 根張りが全然違うという。

真の自由は内面にある。

真の自由は内面にある。 本当の自由は内面にある。 この世界は幻であるから。

真実を見出す場所は内面である。

真実を見出す場所は内面である。 思考の中においてのみ真実を見出すことができる。

私には目に見える部分と目に見えない部分とがある。 目に見える部分は肉体と呼ばれている。 目に見えない部分は魂と呼ばれている。 私は肉体と魂からなっている。 見たところ私はどこからどこまでも物質である。 しかし同時に目を瞑れば、私は魂である。 同…

誰の話であっても人の人生を聞いて追体験することは喜びである。 人の人生をまとめた本は安いと思う。 一人の人生の抽出物であるから、 20年から60年の人生体験のまとめであるから。

こんにゃくの作り方

こんにゃくの作り方をまとめてみた。 家でとれたこんにゃく芋からこんにゃくを作ってみた。 こんにゃく芋1kg位で作る。 容器の大きさで制限されるので。 1、炭酸ソーダ30gと100cc位の水を鍋に入れて加熱して溶かす。(以下、炭酸ソーダ水という…

ブログの設定

やっとタイトル入れることやカテゴリーセットに意識がいった。 いまの問題は、これである。 ワンタッチで最初に行けるボタンの設定の仕方がわからない。 記事編集を終えてのちに表示される記事を見るのボタン表示の切り替わりが早すぎて押せない。押せないの…

種イモ1個から何株もとれるジャガ芽挿し栽培

種イモ1個から何株もとれるジャガ芽挿し栽培の記事があった。 (現代農業2016年5月号) 種イモから出た芽を、根を付けて移植してみたところ、よく活着することがわかりました。とある。 ジャガ芽挿し栽培の手順 やり方をご紹介します。まず、2月下旬に種イモ…

人は死なない

人は死なないという本を読んだ。 魂や幽体離脱のことが書いてあった。 人は死なない?ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索? 作者: 矢作直樹 出版社/メーカー: バジリコ 発売日: 2011/08/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 10人 クリック: 61回 …

私の好きな人々

私は黒住宗忠が好きである。 生き神様と言われたという。 天照太御神のご開運をお祈りしたという。 太陽の神人 黒住宗忠―その超逆転発想は、激動の時代を生き抜く処方箋。 作者: 山田雅晴 出版社/メーカー: たま出版 発売日: 1996/06 メディア: 単行本 購入:…

意識はエネルギー

脳波と意識 左手の人差し指の指先と右手の人差し指の指先とを、0.1mmの距離だけ離して固定するとしよう。指先が触れ合う時には指先の感触がある。指先の受容器から感覚信号が出る。この感覚信号は感覚神経を通じて脳波として脳に伝わる。脳波は脳の中心…

愛の思い出

愛の思い出 一つの愛の思い出がもたらす喜びの大きさは大きい。愛するとその行為を思い出す度に心が嬉しくなる。心は喜びに満ちる。一生を通じてその行為を喜ぶのである。思い出す回数は1回や2回ではない。千回万回にも及ぶ。一生を通じて思い出し、その度…

神意の実行

2つに一つ 自分に頼るか、神に頼るか2つに一つである。神に頼り、神に自分の重荷を担って貰えば荷は軽い。何故なら、神は全知全能だからだ。あなたが自由意思の下で、神に頼るならば、神はあなたの必要なものを全て与える。神に助けて欲しいと思っている神…

本当の喜び

本当の喜び 好きな事をすると心が満ちる。好きな事をする時、自分を愛している。本当の喜びは心がいっぱいになる。一日一日が充実している喜びの日々となる。愛する事は神の意志の実行である。神の意志を行うと真の喜びに満ちる。本物は心が満ちる。本物だか…

あなたは魂である。

あなたの正体 あなたは魂である。正当な血筋を引く神の子である。全知全能の永遠不変なる無限のただ一つの神の正統な子孫である。本当の子供。愛する子供。愛そのものである子供である。愛であるものが愛する事は自然である。あなたが愛する事は自然である。…

ただ一つの命への奉仕

人間の正体 私達はただ一つの命である。真に存在しているのはただ一つの命である。無限に広がるただ一つの命である。ただ一つの命が神である。ただ一つの命への奉仕こそが真の喜びの源泉である。神の意志の実行が真の喜びの原因である。ただ一つの命の意志の…

内なる神

内なる神 一番仲良しの友達よりも、一番親しい家族よりも、もっと近くに神がいる。あなたの魂の内側に神がいる。あなたは神と一体である。あなたは神と共にいる。あなたは愛である神と共にいる。愛である神があなたを愛しているのは当然である。自然である。…

神の軍隊

神の軍隊 神の国には神の軍隊がある。神の子は神の軍隊の一員である。神の軍隊は神の意志を実行する。神の意志は愛の意志であるから、神の軍隊は愛の軍隊である。神の軍隊は愛する。神の軍隊は殺さない。神の軍隊は傷つけない。神の軍隊は裁かない。神の軍隊…

八百万の神々

形態の魂 私はどこからどこまでも物体である。しかし、私は生きている。どこまでも物体である私には魂がある。自分を見れば、形態が魂を持っている事が分かる。形態が魂を持っているという事は何を意味するか。形態は魂を持っており、魂の内側に神がいる。神…

美しい花

美しい花 花が美しいのは何故か。花には魂がある。魂の内側には神がいる。神が装いを凝らすからである。花は神の作品であるから美しいのである。あなたも神の作品である。 至高の叡智の表現であるから美しいのである。命は至高の叡智である。 芸術作品 何故…

天国

天国 自他一体を理解する心が天国である。一体感が天国である。愛も天国もずっと私の目の前にあったのに気付かなかった。技術があっても無くても天国に居る事は出来る。愛すれば天国である。 太陽 太陽がいてくれて本当にありがとう。暖かな日差しをいつもあ…

愛する為に使用する技術

愛する為に使用する技術 愛する為に使用する技術は価値ある技術である。愛の為でない技術は無価値な技術である。無意味な技術である。どのレベルの技術であっても愛する時、価値ある技術となる。 どれほど高度に進化した技術でも愛する事を目的としなければ…

命への奉仕

命への奉仕 形態は時間的に変化する。形態は幻である。形態には魂がある。魂の内側にはただ一つの神がいる。形態はただ一つの神の英知の表現である。神は命である。形態はただ一つの命の英知の表現である。ただ一つの命の海がある。命の意思を行う事はただ一…

無限の意味

無限の意味 無限の意味する所はあらゆる所に存在する事。全体である事。単一体である事。宇宙のかなたにいる。空間を超越している。既にそこにいる。距離は問題にならない。あなたの魂の内側に神がいる。あなたの魂の内側に意味がある。あなたの魂の内側に愛…

魂はそこにある

手と足が形成される前 母体の中で、赤ちゃんが生まれて来る誕生日よりも前に、手や足が形成される前に、魂はそこにいなければならない。私の手が私の手として存在する時、手と足が手や足として存在する時、細胞分裂の後、手と足を形成する以前に、魂はそこに…

好きな事をする

わくわく ある本には、わくわくする事をしなさい。好きな事をしなさい。お金は後から付いてくると書いてあった。マスター達は皆そう言うのである。でも、好きな事をしていて何故、お金が後から付いて来るのかが私には分からなかった。実際にそうなのであろう…