読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

命への奉仕

ただ一つの命への奉仕

命への奉仕

形態は時間的に変化する。形態は幻である。形態には魂がある。魂の内側にはただ一つの神がいる。形態はただ一つの神の英知の表現である。神は命である。形態はただ一つの命の英知の表現である。ただ一つの命の海がある。命の意思を行う事はただ一つの命への奉仕である。ただ一つの命に奉仕する事は真の喜びの原因である。