hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

圧力釜でタケノコをゆがいた

圧力釜でタケノコをゆがいた

あく抜きをした

高圧20分

タケノコを1cmx1cmx5mmくらいに小さく切る。

一口サイズで表面積を増やすためである。

圧力釜であくを抜く。

圧力釜に切ったタケノコとあくを取り出す水を、なるべく多く水を入れる

高圧(120℃)で20分して、ざるにとり水洗いしてタケノコを絞る

容器に入れて砂糖を載せて容器のふたをして、容器を揺さぶり、タケノコの表面に砂糖をまぶす。

砂糖は保存剤としてばい菌のバリヤーとして働く。

もともとタケノコの中には酵母菌や乳酸菌があるので

ガラス瓶にタケノコを移せば乳酸菌発酵がはじまる。

 

保存には砂糖漬けや酢漬け塩漬け味噌漬けがある。

砂糖が楽だったので今回やってみた。