hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

稲の成長は栄養成長と生殖成長である

稲の成長は栄養成長と生殖成長である。

始めは栄養成長し、葉の面積を拡大する。

やがて隣の株とぶつかり、葉の面積を拡大しても光合成量が増加しないとき

栄養成長から生殖成長に変化し花を付け実を結ぶ。