hukaginoninnsikiの日記

明白で疑うことのできないほど明確な認識を追究する

ラムサを読んだ

自分のあるがままをすべて愛することがなぜ大事なのだろうか。
そうすると、あなたは直ちに社会意識を超越するからだ。
するとあなたは、自分が受容されるかどうかというレベルを超える。
審判を超え、時間という幻影を超えるのである。
あなたは自己の命をみたすためだけに生きるようになる。
自分の内なる声だけに耳を傾けるようになるのだ。

そして喜びの道だけをたどる。

その道にこそ、すべて在るものについて「知っている状態」が待っているのだ。

モーニングページにより自分の内なる声がはっきりと聞こえてくるようになる。
自分の夢がはっきりと把握できるようになる。
紙に書かれた夢として目で見ることができるようになる。

神の義と神の国とを求めると神の義と神の国とをいたるところであらゆる時に見出すようになる。